【穴があったら入りたい】ユダヤ人大富豪の教えを読んだら反省の連続だった

ユダヤ人大富豪の教えライフスタイル

こんにちは、しんめいです。

 

大富豪になりたくて、とある書籍を買いました。

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え~幸せな金持ちになる17の秘訣」です。この本は、複数の会社を経営しながらも育児中にセミリタイアをされた著者が、大富豪ゲラーさんとの出会いを基に書かれた物語です。

 

これを読めば大富豪の極意が分かるそうな。

しんめい
しんめい
ぜひ私も大富豪になりたい!

 

しかしその内容は、邪念にまみれた私に反省しろと言わんばかりの厳しい内容でした(笑)

今回は、その内容を一部させていただきます。

 

ユダヤ人大富豪から学ぶ4つの反省点

反省

①お金のことを忘れなさい

は??(゚Д゚)

 

大富豪になりたくて買ったのに、出鼻をくじかれました。ゲラーさんはこう述べます。

「幸せに成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れるのが大切なんだよ。」

「成功をうまく忘れた人間だけが、幸せに成功できるんだよ。社会的尊敬や力、愛情、友情を成功や、お金に求めた人間は、不幸になってしまう。なぜなら、成功に行き着いたとき、そこに心の平安や幸せが無いことに気づくからだ。」

参考:プロローグより

 

自分らしい人生を生きることが大切だそうです

お金ばかり求めても心の平安は訪れない、むしろ不幸になると。お金をいっぱい貯めることばかり考えていた私には耳が引き裂かれそうなほど痛いお話ですm(__)m

しんめい
しんめい
自分らしい人生とは。。?

 

読み始めてたった30ページで考え込んでしまい、なかなか先に進めませんでした。。

 

②自分を知り、大好きなことをやる

ゲラーさんはこう述べます。

「夢を追いかけるのを忘れて、安定した人生を選んだ人間は、言ってみれば『退屈な人生を生きる終身刑』を自らに科しているのに等しい。」

「なぜなら自分が誰かわからなければ、どれだけ社会的に成功しても、幸せにはなれないからだ。」

参考:第2の秘訣より

 

わたしは現在懲役刑を執行中だったようです\(^o^)/

でも読みながらこう思いました。

しんめい
しんめい
自分の大好きなことってなんだろう?

 

同じ感想を持っていた主人公にゲラーさんは一蹴します。

 「いままで、同じ質問をする奴は、みんな頭でっかちの連中だったな。彼らは得意なことばかりやってきたようだった。親や社会が望むことを小さいころからやってきたために、自分が好きなことを見つけられないまま、人生を生きてきたのだろう。」

∑(゚□゚;)がーんっ!

 

まさに、私は頭でっかちタイプです。自分で言うのもなんですが、私は小さいころからいわゆる良い子ちゃんでした。成績も悪くはなく、それなりに良い大学を出ています。

 

完全に裏目に出てしまっています(T▽T;)

 

しかし、自分の好きなことを日常的に少しずつやれば、また好きなことが見つかるようになるとのことです。頑張ります(・・)b

 

③思考が人生を形づくり、感情が人生をコントロールしている

これは目からうろこでした。

「日常的に考えていることが人生をつくる。金持ちは日常的に豊かさ、新しいチャンス、楽しいイベントのことを考える。お金に縁のない人は、月末の支払い、イヤな上司、リストラ話など貧困につながるようなことばかりを考えている。どこに、普段の意識を集中させるかで、君の将来が決まるといえるだろう。」

参考:第4の秘訣より

 

自分の思考パターンが人生を形作っているとは考えたこともありませんでした。うまくいったことも、上手くいかなかったことも深層心理では自分が望んだことだというのです。

 

ゲラーさんのこの言葉はお気に入りの一つです。

「健康に気を遣う人は、口に入れるものに注意する。食べるものが体をつくることをよく知っているからだ。だが、人生の健康を望む人間のほとんどが、頭に何を入れるのかにさっぱり注意しないのは、不思議でならないね。」

 

また、感情が人生をコントロールしていることも述べられています。本の中で、普段考えていることや感じていることを紙に書くことをおすすめしていたので、私も試しに一日やってみました。

 

するとどうでしょう、私のメモには仕事や生活への不満や批判が大半を占め、豊かな考えや楽しい考えなどほとんどありません( ̄Д ̄;)

しんめい
しんめい
私の頭の中には有害物質ばっかりでした。。

 

しかしその日以降、批判的な考えを辞めるようになっただけで毎日が少し楽しい気がしています。

しんめい
しんめい

気のせいかもしれませんが笑

 

④お金は社会の中を流れる川のようなもの

ゲラーさんはこうも言います。

「無理に自分の領地内にとどめておこうとすると、水が氾濫して、とんでもない悲劇を生む。」

お金に縁のない人は、なんとか溜め込もうとする。でも、それは、ご飯はたくさん食べるがトイレに行って出すのはもったいないので、我慢するのと似ている。~~それを想像しただけで体に良くないことはすぐわかりそうなものなのにね」

参考:第8の秘訣より

 

私はトイレを我慢してようです!Σ( ̄Д ̄;)ショック!

 

お金持ちは 自分のところに来るお金は溜め込まず、ポジティブな方向へ流す。そうすることで川の流れがより大きくなるのだとか。

お金を溜め込むと、不思議と病気になったり、相続争いなどの不幸に見舞われたりと良くないことが何かしら起こってしまうというのです。

しんめい
しんめい

凡人の私には理解できないレベルの話ですが、頭の片隅に置いておきます。

 

まとめ:大富豪によって私の邪念は浄化されました

まとめ

この本では、人生をどのように生きるかの心構えのようなものを教えてくれます。その真摯な心構えは、私のような欲にまみれた人間にはなかなかハードな内容でした(笑)

 

しかし、お金を稼ぐことや成功することばかりに執着することの無意味さ、悲しさをわかりやすく解説してくれています。

 

人生の目的を見失いそうなとき、また読み直したい一冊です。

しんめい
しんめい
幸せになりたい。。

 

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました