オール電化でも火災は起こるの?火災の【原因】やリスクへの【対策】を解説!

オール電化でも火災は起こるのか?間取り

こんにちは、しんめいです。

日本国内では年間30,000件以上の火災が発生しているそうです。

 

「オール電化でも火災って起こるの?」

「ガスコンロよりリスクは低いよね?」

と疑問に感じる方もいると思います。

 

そこで、この記事では

  • 国内の火災件数はどれほどか
  • 建物火災の原因として多い事例
  • オール電化で火災になる事例
  • 火災リスクへの対策方法

について、説明していきます。

 

火災は一度でも遭うと人生に大きく影響してしまいますが、日頃の意識次第でリスクを減らすことができます。

しんめい
しんめい

なんとなくのイメージだけでも掴んでもらえれば嬉しいです!

 

この記事では、総務省消防庁のデータ「令和元年度 消防白書」を参考に解説しています。

 

国内の火災件数は?ー年間約37,000件

2018年における出火件数は、37,981件です。

これは、1日当たり104件の火災が発生していることになります。

 

また、出火件数のうち建物火災が54.7%を占めます。

火災の状況

出典:令和元年度消防白書 第1章「火災予防

しんめい
しんめい

火災の半数以上が建物です。

 

建物火災の原因は?

コンロ、たばこによる火災が多い!

建物火災のうち、コンロやたばこによる火災が多くなっています。

建物火災の原因

令和元年度消防白書 第1章「火災予防」より引用改変

建物火災の原因上位4つ
  1. こんろ
  2. たばこ
  3. 放火
  4. ストーブ
しんめい
しんめい

コンロの消し忘れや、たばこの不始末で火災になることが多いようです。

ぽんみ
ぽんみ

お父さんには、たばこの管理を十分注意してもらわないと!

 

ガスコンロの火災発生数はIHコンロの約10倍!

コンロによる火災発生件数のうち、ガスコンロによる火災がIHなど電気コンロの約10倍も多いようです。

コンロ別火災発生件数

出典:令和元年度消防白書 第1章「火災予防」

しんめい
しんめい

ガスコンロもIHコンロも「消し忘れ」が1番多い!

 

オール電化住宅で火災になる事例

ここからは、オール電化住宅で多い火災事例を紹介します。

オール電化で多い火災事例
  • 漏電
  • 調理方法によるもの
  • 不適切な調理器具の使用
  • たばこの不始末

それぞれ補足していきます。

 

漏電

オール電化であるため、配線接続部や電気機器の「漏電」による火災は起こりやすいと言えます。

 

  • コンセント周囲のホコリが溜まる
  • 電気機器に水が掛かる
  • ネズミが電気コードをかじる

などによって漏電が生じます。

 

調理方法によるもの

揚げ物などの調理の際に、油が高温になることで自然発火してしまう事例があります。

 

基本的にIHコンロには自動停止機能がついてはいるものの、絶対ではないため注意が必要です。

コンロ別火災発生件数

しんめい
しんめい

IHでも過熱による出火が年間258件ありました。

 

不適切な調理器具の使用

IHに対応していない調理器具を使用すると、出火の原因となります。

 

IH対応の器具か分からない場合は、「磁石がくっつくかどうか」で簡単に見分けられます。

しんめい
しんめい

使用前には1度ご確認を。

 

たばこの不始末

オール電化に限った話ではないものの、たばこの不始末が原因で火災になることは非常に多いです。

 

  • たばこを灰皿に放置
  • 寝たばこによる火種の落下
  • 消したつもりで完全に消せていなかった

などなど。

しんめい
しんめい

しっかり消えていることを必ず確認する必要があります。

 

火災リスクに対する「当たり前」な3つの対策

火災を起こさないための「当たり前な対策」を3つご紹介します。

火災リスクへの対策
  • コマメな掃除
  • 調理中はその場を離れない
  • たばこは水に濡らして完全に消火

コマメな掃除と点検

コマメな掃除をし、ホコリを溜めないようにしましょう。

 

コンセントの差込口は、ホコリがないか定期的に点検をするとなお良しです。

しんめい
しんめい

私も家電の陰にあるコンセントは時々チェックしようと思います。

 

調理中はその場を離れない

これも当たり前ですが、調理中はその場を離れてはいけません。

IHといえど、調理中は200~300度まで温度が上昇します。

 

またIHだけでなく、レンジで温めている最中に出火することもあるので注意が必要です。

しんめい
しんめい

目を離したすきに出火して、気づいたら火が大きくなってしまったケースは結構多いようです。

 

たばこは水に濡らして完全に消火

たばこは水に濡らして完全に消火できたことを確認しましょう。

 

消したつもりでも、火種が残っているとそこから火災につながります。

たばこから出火

出典:大阪市HP「たばこの火の不始末

 

また、ベランダなどでタバコを吸うときは風で火種が飛ばないよう管理が必要です。

 

まとめ:リスクは低いがオール電化でも火災は起こりえる。

日本国内では年間30,000件以上の火災が発生しています。

 

建物火災の原因として多いものは次の4つです。

建物火災の原因上位4つ
  1. こんろ
  2. たばこ
  3. 放火
  4. ストーブ
しんめい
しんめい

コンロの消し忘れ、たばこの不始末には特に要注意!

 

コンロによる火災のうち、ガスコンロによる火災はIHなどの電気コンロの約10倍です。

しかし、オール電化でもちょっとしたことで火災は起こりえます。

オール電化で多い火災事例
  • 漏電
  • 調理方法によるもの
  • 不適切な調理器具の使用
  • たばこの不始末

そのため、火災を起こさないために日頃から注意しましょう。

火災リスクへの対策
  • コマメな掃除
  • 調理中はその場を離れない
  • たばこは水に濡らして完全に消火
しんめい
しんめい

ちょっとしたことを気を付けるだけで、火災が起こる可能性は小さくなります。

以上、参考になればうれしいです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました