「心境報告」頭金500万を支払い解体がスタートしました。

解体風景二世帯体験談

この記事は、「二世帯のリアル」と題して妻の両親との二世帯住宅を予定している私の心理面や、起こった出来事をつづっている日記です。

前回、「新築住宅5000万の負債を覚悟したときの話」という記事では、想定以上の費用負担を悲嘆する恨み節を書いてしまいました。

闇が多めですが、読んでいない方はお時間のあるときにぜひ読んでみてください。

さて、いよいよ二世帯生活に向けて本格的に動き始めています。2月に頭金を支払ったため、義両親宅の解体が始まりました

もう後戻りはできません!!

今回は、その当時の心境をつづります。ご査収くださいませ。

スポンサーリンク

基本情報と今後のスケジュール

念のため、予定している二世帯の構成を紹介しておきます。

我が家の基本情報
ハウスメーカー一条工務店 i-smart
生活人数6~7人ぐらし
住み分け一階:嫁の両親+祖母
二階:私たち夫婦+子ども(2人予定)
形式部分共有型
共有部分玄関・洗面所・お風呂(洗面所は2階にも有)

我が家は部分共有型の二世帯住宅です。

  • 1階に親世帯
  • 2階に子世帯

が暮らす形になります。

義両親の実家を取り壊して、新しく二世帯住宅を建てる予定です。

今後のスケジュールは以下の通りです。

家作りのスケジュール
  1. 間取りの打ち合わせ
  2. 着手承諾と頭金の支払い
  3. 解体工事スタート ←今ここ
  4. 地鎮祭
  5. 着工

いま私たちにできることは、家が建つのを待つことだけですね。

現在の私の心境

ここに来るまでに大変葛藤かっとうしました。おそらく私だけですが。。

一度は妻に「白紙に戻したい」と本気で相談もしました。

しかし、泣いても笑っても家は建ってしまうのです。

建つのが怖い!

このような苦悩の中、

  • 頭金によって資産の半分を失ったこと
  • 解体が始まりもう後戻りができないこと

は、私にとってたいへん大きな出来事です。

とくに、セミリタイアを夢見る私にとって、道半ばでの「資産半減」はとても覚悟のいる決断でした。

当時はちょっとした出費にも神経質になり、毎日のように家計簿を眺めていました。。

しかし、済んでみれば私の心は意外なほど穏やかです

おそらく踏ん切りがついたのでしょう。

築き上げてきた資産が半分に崩れてしまったものの、もう焦ってはいません。

これからまた積み上げていくだけです。

1から出直し

出典:ハンター×ハンター

また、義両親との関係(というか私の気持ち)にも少し変化がありました。

以前より、気を遣わなくて済むようになったのです

もはや、「金を出してやってる」ぐらいのマインドで接しています。

これは私にとって大きなメリットです!

これまでは、何かとあちらの意見に押され気味でしたが、
必要以上の干渉はご遠慮し、ありがたい申し出には素直に受け取れるようになりました。

まだ「付き合い酒」を断り切れないのが今の課題です。

もう運命共同体みたいなものですしね。

今後も心地よい距離感を見つけていきたいと思います。

周辺の変化(主に妻)

主に妻の変化になります。

なんとなくですが、これまでより妻が節約に協力してくれるようになった気がします。

  • キャッシュレスを活用するようになり、
  • クーポンなどを事前に確認するようになり、
  • 支出額をときどき気にするように

なりました。

今までは、「ケチケチしすぎでしょ(-_-)」

と言いたげな表情でこちらを見ていましたが、それがやんわりしてきました。

今の生活水準や資産状況が、我々夫婦にはちょうど良いように感じます。

今までは貯め込みすぎていたのかも。。

身の丈に合った資産形成をしていけるよう頑張ります。

まとめ

二世帯生活へ大きく一歩前進したところで徒然とつづってみました。

正直なところ、この先の生活が「吉と出るか、凶と出るか」不安でいっぱいです

  • 仲良くやっていけるのか?
  • 大きな借金をきちんと返していけるか?
  • 義両親の蓄えはちゃんとあるのか?
  • 将来お世話する余裕は全然ないよ!?

また、家作りが進んだらお伝えしたいと思います。

ただの日記でしたー。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました