【建築費用公開!】一条工務店で二世帯を建てたら〇〇万円だった!

一条工務店で二世帯建てると価格はいくら?お金

この記事では、「一条工務店で二世帯住宅を建てるといくら掛かるの?」を我が家の実例をもとに紹介します。

「一条工務店って高いんでしょ?」

「二世帯住宅だとどれぐらいかかるんだろう?」

と考えている方はぜひ参考にしてみてください^^

【結論】我が家の費用と内訳

  • 総費用=5,150万円
  • 建物の費用=4,585万円
  • その他の費用=565万円
しんめい
しんめい

この記事を読めば、おおよその費用の見通しが立つと思いますよ。

私たちが仮契約した時期は2018年です。現在の坪単価とは異なるので、例示した金額より高めで想定すると良いと思います。
スポンサーリンク

我が家の基本情報

我が家の基本情報

部分共有タイプの二世帯

我が家の基本情報
ハウスメーカー一条工務店 i-smart
生活人数6~7人ぐらし
住み分け一階:嫁の両親+祖母
二階:私たち夫婦+子ども(2人予定)
形式部分共有型
共有部分玄関・洗面所・お風呂(洗面所は2階にも有)

我が家は部分共有型の二世帯住宅です。

  • 1階に親世帯
  • 2階に子世帯

が暮らす形になります。

施工面積=53.61坪

延床面積167.98㎡(50.80坪)
・1階:90.87㎡(27.48坪)
・2階:77.11㎡(23.32坪)
施行面積177.21㎡(53.61坪)
「延床面積」と「施行面積」の違いは?
延床面積=実際に床のある面積
施工面積=延床面積に加えて、「バルコニー」や「吹き抜け」を足した面積
ちなみに一条工務店の場合、「施行面積」が建物代金に反映されます。

坪単価について

「坪単価」は誰もが気になるところだと思うので、先に述べておきます。

我が家で契約したころのi-smartの坪単価は以下の通りでした。

  • 標準仕様の坪単価=63.80万円
  • オプション込みでの坪単価=85.53万円
しんめい
しんめい

「標準仕様」を謳っている一条工務店ですが、オプションはそこそこ必要です^^;

建物費用とその内訳

我が家の総額費用

では、実際にいくらかかったのか?結論を述べると、、

建物費用の総額=4,585万
建物工事費合計
しんめい
しんめい

た、たけぇ。。。

ぽんみ
ぽんみ

まぁ一条だし、二世帯だし、、ね。

建物代金の内訳は以下のとおりです。

建物代金の内訳まとめ
  1. i-smart建物本体(約53坪)=3,368万(割引あり)
  2. 建築申請・その他業務諸費用=59万
  3. 付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書=109万
  4. オプション=481万
  5. 太陽光=227万
  6. 消費税=339万
しんめい
しんめい

それぞれ補足していきます。

1.i-smart建物本体代

i-smart建物本体代=3,369万円

建物本体代

我が家では、一条工務店で最もメジャーな商品【i-smart】で設計しました。

2018年当時i-smartの坪単価は約65万円ほどでした。その金額から親族紹介割引として1.5%値引きされています。

  • i-smart:177.21㎡(53.61坪)×193,004円=34,202,238円
  • 値引き額:34,202,238円×1.5%=513,033円
一条工務店の割引制度は「見学前に紹介を受ける」ことが条件になります。展示場に行ってからでは適応されないためご注意を!
一条工務店は坪数が大きいほど、単価を下げる仕組みになっています。単純に坪数を削ればその分安くなるというわけではありません。

2.建築申請・その他業務諸費用

建築申請・その他業務諸費用=59万円

建築申請・その他業務諸費用

長期優良住宅の申請や、建てる間にトラブルが起こった時の保険のための申請費がかかります。坪単価が大きくなるにつれて、この費用はより大きくなります。

3.付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書

付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書=109万
付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書

 

水道工事などの費用がかかります。

建物やその地域の決まりによっておそらく影響されると思いますが、約100万円程かかります。

 

4.オプション代

オプション代=481万円

【標準仕様】を宣伝している一条工務店ですが、なんだかんだでオプションは必要になります。

二世帯住宅であることを考慮して追加したオプションは以下の通りです。

二世帯ならではの追加オプション
  • 2Fグランドカップボード=14万円
  • 2Fスマートキッチン=78万円
  • 2F洗濯機用水栓=4万円
  • 2F洗面化粧台=17万円
  • 2F屋外物干し金物=8千円
  • 2F室内用物干し金物=4千円
生活人数が多いため追加したオプション
  • 食器洗い乾燥機を深型へ=5万
  • 棚の追加=2万
  • エコキュートグレードアップ=7万
親世帯の老後を考慮した追加オプション
  • 1Fトイレ手洗いカウンターへ変更=8万
  • 浴槽を半身浴型へ=5万

ここまでの合計が141.2万円になります。

この他にも、

  • ベタ基礎=58万
  • 電気、照明、配線工事=27万
  • ハイドロテクトタイル=70万
  • 床材変更(ハードメイプル)=72万
  • etc…

などのオプションを追加したため、500万円ほどの費用となりました

5.太陽光

太陽光=227万円
太陽光代金

i-smartで家を建てる場合、太陽光を設置する家庭がほとんどだと思います。オール電化で設計することが多いためです。

我が家は【家庭用】扱いとなる上限10kwを載せています。

理由は主に2つ。

  • 1kwあたりの単価が安くなり費用対効果が大きいため
  • 小さくした場合、根の形がダサくなり妻に却下されたため。
しんめい
しんめい

一条工務店は、太陽光を10kw以上購入すると単価を安くしてくれます。

 
太陽光は売電価格が年々低くなってきています。その時期ごとに、どの程度搭載した方が得になるのかシミュレーションすることをおすすめします。
 

6.消費税

消費税=339万円

消費税だけで300万越えとか。。感覚がおかしくなりそうですね(*^-^)ニコ

しんめい
しんめい

契約が2018年だったので我が家の消費税は8%です。

建物以外の費用とその内訳

掛かった費用

建物以外の費用内訳は以下の通りです。

建物以外の内訳
  • 解体工事費=253万円
  • 外構工事費=200万円
  • インテリア代金(カーテン代)=35万円
  • 借り入れ諸費用=18万円
  • 火災保険料=25万円
  • テレビアンテナ工事費=10万円
  • 引っ越し費用=必要に応じて
  • 金消契約印紙代=2万円
  • 契約書印紙代=1万円
  • つなぎ融資利息=30万円
  • 登記費用=25万円
  • 設計報酬=11万円
    ※変動の余地あり。
しんめい
しんめい

正確な金額は支払い時期でないと分からないものが多いですが、約550万円が追加されます。

※ちなみに、我が家では義両親の土地を使用するため、土地代は掛かりません。その代わり、解体工事費250万円が追加されています。

 

最終的に、総費用はトータル費用は5,150万円という見積もりになりました。

しんめい
しんめい

なんと5000万の大台に乗りましたよ!(発狂しそう)

「i-smart×50坪」という条件でシミュレーションしてみた

シミュレーション

ここまでは我が家の実例を紹介してきました。ここからは、「i-smartで50坪の二世帯住宅を建てる」場合、どの程度の金額になるのかシミュレーションしてみました。

i-smart:50坪×65万=3250万円

i-smartの坪単価は約65万になります。*2018年時点

建築申請・その他業務諸費用=約55万円
付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書=約100万円

この2つは、我が家と大きく変わりないと思います。坪数が小さい分、我が家より安めに設定しました。

オプション代=約324万円+α

二世帯住宅の場合、一世帯より多くの設備追加が必要になります。多くのご家庭で導入しそうな高額なオプションを挙げてみました。

  • ベタ基礎=約55万円
  • エアコン工事(台数による)=約40万円
  • ハイドロテクトタイル外壁=約65万円
  • 電気工事・コンセント=約15万円
  • 網戸=15万円
  • 2階のスマートキッチン=77万円
  • 2階の洗面化粧台=17万円
  • 1階のカップボード(大きめ)=約25万円
  • 2階のカップボード(小さめ)=約15万円
  • 二世帯ならではのキッチン・トイレ・エコキュートなどのサイズ変更やグレードアップ=+α

合計=約324万円+α

 
しんめい
しんめい

オプション代もなんだかんだ300万円はかかると思った方が良いです

太陽光5kw=約130万円

我が家が事前に試算したところ【二世帯の消費電気量=太陽光4kwの発電量】でした。そのため、今回はそれより少し多めの5kwで計算しました。

以上が建物にかかる費用の内訳です。ここまでの費用をまとめます。

シミュレーション費用のまとめ
  • 標準仕様のi-smart:50坪×65万=3250万円
  • 建築申請・その他業務諸費用=約55万円
  • 付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事お見積書=約100万円
  • オプション=約324万円+α
  • 太陽光5kw=約130万円

建物にかかる費用は合計3859万円+αとなりました!

ただ、オプションや太陽光を最低限に計算したので、実際のところ4000万はかかると想定した方が良いと思われます。

しんめい
しんめい

一条工務店はやっぱりそれなりに高いんですよ。。

まとめ:建物だけで4000万は想定したほうが良い

我が家の場合、以下のようになりました。

  • 建物費用=4,585万円
  • 解体・外構含めた総費用=5,150万円

シミュレーションの結果からも分かるように、一条工務店のi-smartで設計すると建物だけでも4000万円はかかると想定した方が無難と思われます。

一条工務店は、気密性、断熱性、耐震性、いずれの性能も日本でトップクラスです。

しかし、費用は決して安くないのが実際のところ。

しんめい
しんめい

予算も踏まえてしっかりとメーカー選びを検討してくださいね。

以上、一条工務店で二世帯住宅を検討している方の参考になれば幸いです。

ではまた。

▼金額が膨れ上がってしまったことによる私の悲しみ・葛藤がつづられています。

▼費用を抑えたくて色々調べました。一条の場合、やれる対策は多くないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました